50代の化粧品の選び方


50代の化粧品の選び方

50代に差し掛かると、子どもの独立などで自分自身の時間が多く持てる頃でもあります。
それだけでなく更年期に差し掛かったり、定年などを意識する年齢にもさしかかるためにストレスを多く感じたり、病気が見つかったりする年代でもあります。

50代の化粧品の選び方は、今まで以上に保湿にこだわる商品を探すようにしましょう。笑いじわが深くなったり、ほうれい線が目立ったりと若い方の肌と違って、めっきり年齢が肌に現れてしまいます。シミやたるみの気になる部分にマッサージクリームを塗り込んだり、リフトアップ効果がある基礎化粧品を使用するようにしましょう。
水分子より小さいナノ処方された化粧水を使って、肌の角質層にしっかり浸透させましょう。コエンザイムQ10や、コラーゲン・ヒアルロン酸配合のアンチエイジング系の化粧水を選ぶと肌の外側からしっかりケアできるでしょう。ファンデーションもパウダリータイプよりクリームに近いテクスチャーのものを選ぶと、肌にしっかりなじみます。

50代の肌ではうるおいを保つバランスが崩れ始めていますので、ベースメイク用の下地などの選び方もきちんと行いましょう。
口紅の選び方は、少しだけ冒険して赤みの強い色をチョイスしてみるのもいい年齢です。若いころの厚みのある唇に比べて多少薄くなりつつある唇をボリュームアップさせる意味合いでもお勧めです。唇の縦じわなどが目立ちがちなので、グロスや、リップ用のベースコンシーラーなどでカバーしてから口紅をつけることもお勧めです。